──オーイシマサヨシとTom-H@ckによるユニットOxT。二人の出会いは2013年に遡る。TVアニメ『ダイヤのA』のオープニングテーマの制作をTom-H@ckが手掛けることになり、そのボーカリストを探すオーディションで出会ったのが大石だった。そして、Tom-H@ck featuring 大石昌良として、「Go EXCEED!!」をリリース。今に繋がる第一歩になった。

オーイシ
Tom-H@ckと組んでいるということで、僕は世渡りしやすくなったんですよ(笑)。「『けいおん!』ってアニメ、知ってます? あの主題歌を書いたTom-H@ckと、僕はユニットをやってまんねん」って、ずっと印籠みたいに掲げてました(笑)。

Tom-H@ck
自分が売れるためには売れている人の近くにいくべきだと、オーイシさんは普段から言ってましたよね。それは僕も同感で、エネルギーがあるところに、さらにエネルギーは集まるんですよ。そういう意味では二人が組んだのは必然であり、お互いが助け合えているのは、それぞれにエネルギーを持っているからだと思います。

オーイシ
『けいおん!』の曲を聴いた時は、すごい楽曲が出てきたなと思いましたね。当時の僕は大石昌良として、とにかくいい歌を歌っていこうと、J-POPのフィールドでやっていたんですけど、そこから見ると「アニソンってめっちゃ勢いあるな」という羨ましさがあったんです。エネルギーの話で言うと、アニソンの方がずっと高かったと思います。

Tom-H@ck
でも最初に「Cagayake!GIRLS」を作った時は、音楽プロデューサーが迷ってたから(笑)。ミックスが終わった時点では、「この曲で本当にいいかなあ? 売れるかな? 嫌われるかもな」ってずって言ってました。でも、ギリギリのところを狙うヒリヒリした感覚がヒットに繋がるというのはあると思うんですよね。

オーイシ
あれほど情報量の多いアニソンは今とくらべてなかったから、プロデューサーさんが不安な気持ちになるのは分からなくもないね。僕は、アニソンに関してはとにかくキャッチーに作るという手法を取ってますけど、Tomくんはキャッチーさと難解さの駆け引きが上手なんですよ。たとえば、『けいおん!!』のオープニングだった「GO! GO! MANIAC」はマニアックな部分がほとんどだけど、サビで急にキャッチーさが出てきて、ホッとさせられる。緩急のうまさですよね。そうやってリスナーの心を掴むのが、Tomくんのインテリジェンスなんだと思います。そういう意味では、「Go EXCEED!!」にも、最初は戸惑ったんですよ。

Tom-H@ck
どういう部分が?

オーイシ
僕はアニソンを歌うのが初めてだったんですけど、「アニソンって、Dメロが2回あるんだ。なんだ、この情報量の多さは?」って。結局のところ、アニソン全般がそうではなく、Tom-H@ckだからだったんですけど。

Tom-H@ck
確かに他の人はあまりやってない(笑)。

オーイシ
手の込んだ曲を、しっかり作っていった結果、アニソンの隆盛や市民権の獲得があったんだなと思いましたね。こういうクリエーターがいたからこそ、シーンが盛り上がっているんだろうと。丁寧なんだよね、やっぱり作り方が。「Go EXCEED!!」は楽器のアンサンブルが多くて、オケも贅沢だったし。

Tom-H@ck
J-POPとかアニソンって、芸術音楽と比べる時に、食べ物にたとえるとファストフードということになるじゃないですか。僕はそれがずっと疑問で、実は逆なんじゃないかって思っているんです。エンターテイメントの音楽というのは、めちゃめちゃ手間をかけて、何日も下ごしらえして作る料理なんですよね。テクニックや感性といった職人的なスキルが高くないと作れないから、ファストフードと言うよりも、高級な寿司なんです。

オーイシ
特にアニメはサイクルが早いから、その場限りの音楽だと思われがちですけど、僕らも含めて、アニソンのクリエーターさんはめっちゃ丁寧に作ってますよ。

Tom-H@ck
それでもアニソンを取り巻く環境は、10年前の『けいおん!』、5年前の『ダイヤのA』の頃からかなり変わってきて、今は参入する人や制作する楽曲の数が増えてきた分、かつてのように贅沢に作れるというのはなくなってきたと感じています。お金の問題は、楽曲の善し悪しに直接関わってくる問題だから、本当に心配。それにオーイシさんが言う通り、楽曲の消費サイクルもどんどん早くなってますよね。

オーイシ
半年前に作った自分の楽曲が懐かしいって言われた時の、びっくり感はないよね(笑)。「UNION」も『SSSS.GRIDMAN』の放送が終わった途端、「懐かしい」って言われる曲になっていっているような気がする。そんな中で、ANiUTaさんのような配信サイトがいいなと思うのは、過去曲もちゃんと再生されていることなんです。鮮度によって曲が選ばれるのではなく、いい曲がちゃんとランキングに上がっているのはいいなって。クリエーター的にも勇気をもらえます。

──毎クールごとに、いくつもの新作が登場するTVアニメの世界。主題歌もそれに合わせて制作され、次へ次へと進んでいく。そんな中で『ダイヤのA』のように、ファンに愛され、長く続くシリーズは特別な存在だと言える。

オーイシ
4月からは『ダイヤのA Act.2』がスタートしますし、こんなに長期にわたって続く作品は稀ですよね。作品が生き続ければ、楽曲も生き続ける。『ダイヤのA』には僕が作曲したものもあって、「BLOOM OF YOUTH」(第2期27話〜39話のエンディングテーマ)などは、個人的に好きな曲ですね。

Tom-H@ck
あれは時間が経っても腐らない曲だよね。すごくいい曲です。

オーイシ
エンディングテーマだったのも功を奏したのかもしれない。オープニングよりも余白を作れるんですよね。そこが長く残る秘訣なのかも。

Tom-H@ck
ライブで演奏するとすごく盛り上がるし、僕らも楽しいんですよね。

インタビュー第3回
「アニソンの現場で感じること」は
2月20日(水)掲載予定です。