──表舞台に立つアーティストであるだけでなく、アニメソングのクリエーターとしても、高い評価を得ているオーイシマサヨシとTom-H@ck。アニソンというジャンルについて、二人が今、感じていること、考えていることとは? まずは、他のアーティストから、どのような刺激を受けているかを聞いてみた。

オーイシ
僕はライブイベントで学ばせてもらうことが多いですね。アニソン関係のフェスにたくさん呼んでいただけるようになって、他のアーティストさんの歌やサウンドにナマで触れることが、自分がアニソンを作る上での一番の栄養になってます。CDで聴くのとは違ってお客さんがいるので、こういう音の構成だとこんな盛り上がり方をするのか、目で確かめられるんです。

Tom-H@ck
ライブ現場のパワーって、尋常じゃないもんね。

オーイシ
アニソンの現在進行形のトレンドが目の前で繰り広げられているわけで、現場に行けるのは本当にありがたいです。僕ら、呼ばれやすいんですよね、男性ユニットであるということが、まずは強みになっていて、二人とも楽器ができるから他のアーティストとセッションやコラボができるし、しゃべりもなんとかなってるし。

Tom-H@ck
確かにアニソンでは、男性ユニットというのはそんなに多くないからね。

オーイシ
OxTのライブも、アーティストさんや声優さんが普通にファンとして見に来てくれることが多いんですよね。とある声優さんなんて、チケットを買ってお忍びで来ていたと、後になって聞きました。

Tom-H@ck
来るって言ってくださいよ、チケット用意しますからって思った。どうしてだろう? OxTって取っつきづらいのかな(笑)。

オーイシ
僕は基本的に腰が低い人間だと思うんだけど。

Tom-H@ck
じゃあ、俺?(笑) 思い当たるのはZAQちゃんが言ってたことで、「オーイシさんとTomさんを見てると、二人とも頭が良すぎて、腹の底で何を考えているか分からないので怖いです」って(笑)。

オーイシ
はははは(笑)。いやいや、それは過大評価だよね。でも、OxTは仕事関係の人達に名前が知れ渡って、非常に立ち回りやすくなりました。

Tom-H@ck
今は、OxTが自分の名刺代わりになっているかも。オーイシさんはソロでも人気が高まってますし、それぞれの活動が注目されて、それがまたOxTにフィードバックされるという、いい循環が出来てますよね。

──アニソンシーンのど真ん中にいるという印象のあるOxT。二人はプロになる前、どのようなアニソンを聴いて育ってきたのか?

オーイシ
僕が子供の頃に好きだったアニソンでよく覚えているのは、80年代の『Dr.スランプ アラレちゃん』や『ドラゴンボール』シリーズのキャラソンで、カセットテープで聴いてましたね。孫悟飯が歌う「ピッコロさんだ〜いすき♥」(劇場版『ドラゴンボールZ この世で一番強いヤツ』挿入歌)って曲があったんですよ。「ピッコロさん だいだいだいだいだーいすき」って野沢雅子さんが歌ってて、めっちゃ好きでした。

Tom-H@ck
よく覚えてるな(笑)。

オーイシ
『ドラゴンボール』はキャラソンがいっぱいあって、キャラソン文化のはしりだったように思います。

Tom-H@ck
僕は90年代になってからで、『幽☆遊☆白書』が好きでしたね。僕が住んでいた宮城では夕方に放送されていたので、学校から帰ってすぐにTVをつけてました。ファンタジーの世界にはこんなにも広がりがあるんだと分からせてくれた作品で、あの時の感性は今も、自分の中で生きていると思います。エンディングテーマの「アンバランスなKissをして」と「太陽がまた輝くとき」を歌っていた高橋ひろさんは、残念ながら亡くなってしまったんですが、ポニーキャニオンの所属だったので、『けいおん!』をやる時に、かつての担当者だった人を通して「好きでした」と伝えることができて、お礼にアルバムをいただいたことがありました。

オーイシ
素敵な話だね。90年代はJ-POP、J-ROCKのアーティストやバンドがどんどんアニソンに参入してきた時期で、アニメを見ることがアーティストを知るきっかけになっていましたよね。『SLAM DUNK』で大黒摩季さんやWANDSを知り、『るろうに剣心』でTHE YELLOW MONKEYやJUDY AND MARYを知り。

Tom-H@ck
今とはアニメとのタイアップの意味が違ってたよね。

オーイシ
そう、その頃のアニソンには二つの意味合いがあったと思います。アニメの内容とは関係ないアーティストの曲をそのまま持ってくるか、アニソンとしてアニメに寄せて作るか。『SLAM DUNK』のWANDSの曲は「世界が終わるまでは...」だったから。バスケアニメなのに(笑)

Tom-H@ck
めっちゃ面白い。今思うと考えられないことだけど、逆に今の方がかたくるしくなりすぎているのかもしれない。

オーイシ
そう、そうなんですよ! 解釈はユーザーさんがするから、作品と整合性がなくても、意外とアニソンって成立する場合があるんじゃないかと思んです。そこは声を大にして言いたいんだけど。作る側が頭が硬くなってしまったら、広がりがなくなるように思うんですよね。今のアニソンを聴いていると、ここまで作品に迎合しなくてもいいんじゃないかと思うような時があって。

Tom-H@ck
そこは僕も思うところがあって、要はアニメ制作側とクリエーターの間で、摺り合わせをする交渉人みたいな存在がいればいいんだと思う。そうしたら、アニソンの状況は大きく変わると思うんですよね。

オーイシ
そうだね。

──アニソンの第一線で仕事をしている二人だからこその問題意識。では、これからのOxTはどこを目指すのか。次回で語ってもらおう。

インタビュー第4回
「僕らはまだ歴史を残していない」は
2月27日(水)掲載予定です。

インタビュー・構成=鈴木隆詩