──せっかく到来したチャンス、飛び込まないわけにはいかない! CDデビューの話が来た時、畠中 祐は迷わずアーティストとしての一歩を踏み出す決意を固めた。そうして世に送り出されたのが、1stシングル「STAND UP」(2017年7月12日リリース)。彼は、どのような想いをこめて歌ったのか?

「最初プロデューサーに聞かれたのは、僕自身がどういう音楽をやっていきたいのか、ということでした。分かりやすく理解するために、目指したいアーティストの名前を挙げるように言われたんです。その時、最初に脳裏に浮かんだ名前が、星野源さんと三浦大知さんでした」

──コメディもこなす親しみやすい俳優としても活躍し、楽曲的にもエンターテイメント性が強く、幅広い層に人気のある星野源。最近ではTVでの露出も増えてきたが、実力派のシンガー&ダンサーとして、シーンの最先端で高く評価され続けている三浦大知。タイプの違う二人に共通しているのは、“ダンスミュージック”というジャンルだ。

「両親ともにミュージカルの役者で、歌って踊る楽しさというものを子どもの頃から目の当たりにしてきました。それもあって、ダンスミュージックが好きになっていったんです。聴いていると自然にリズムに乗って、体を動かしたくなる。僕が最も好きなのは、今も昔も、そういうタイプの音楽です。逆にアニメソングは全く僕の日常にはなくて、アーティストデビューが決まってから、先輩方がどういう曲を歌っているのか勉強させていただきました」

──星野源と三浦大知という二人の名前から導き出されたのが、「アーティスティックであり、キャッチーである」というコンセプトだった。

「僕が求めている音楽について、プロデューサーが『アーティスティック+キャッチー』という言葉で表現してくださった時、すごく腑に落ちたんです。そうそう、自分はゴリゴリにかっこいい音楽と、誰にでも親しめる音楽のちょうど中間を行きたいんだなと。1stシングルの「STAND UP」はまさにそういう曲でしたし、この言葉は今後も変わらない僕の音楽のテーマになっていくんだろうなと思いました」

──軽快なビートに乗ったダンスナンバーの「STAND UP」。新しい世界にチャレンジする前向きな気持ちを歌った曲で、伸びのあるハイレベルなボーカルを披露。アーティスト・畠中 祐の方向性を明確に打ち出したデビュー曲となった。

「僕の「こういう音楽が好き」という想いと、プロデューサーやスタッフが「畠中に歌わせたいのは、これ」という構想がぴったり合致したデビュー曲になりました。大好きであると同時に、僕にとってものすごく重要な1曲です」

──そしてMVではキレのあるダンスを見せて、声優・畠中 祐を知るファンを驚かせた。

「何かのオーディションに引っかかればいいなと思って、事務所のプロフィールの特技の欄に「ダンス」って書いていたんですよね(笑)。でも正直に言って、それまでダンスを本格的に学んだことはありませんでした。大学でコンテンポラリーダンスの授業に出たことはあったんですけど、イマジネーションを自由に体で表現するダンスで、『はい、口から心臓が出てくるー』とか先生に言われて、なんだ、これ、分かんねーって(笑)。だから、「STAND UP」のMVで踊ることになった時、本当にダンスができると思われているんだ、ヤバイと焦った記憶があります(笑)」

──しかし、「できません」と言って挑戦をさける選択肢はなかった。

「ほとんどやったことがないのに「できます!」ってホラを吹いて、挑戦してみたのは本当によかったと思います。心身ともに負担は大きかったですけど、自分のハードルを下げていたら面白いことを生み出せるわけがありませんから。絶対に踊れるようになってやるって自主練を重ねました。ダンスは今でも模索中ですが、ずいぶん慣れてきたなと、手応えを感じています」

──2ndシングル「真夏BEAT」のリリースは、「STAND UP」からほぼ1年後の2018年8月22日。MVには、より華麗に楽しそうに踊る姿があった。

「自分自身の成長が実感できて、「STAND UP」の時の経験、ありがとう!って思いました(笑)。「真夏BEAT」は、やればやるほど体が動きやすくなる感覚があって、もっともっと踊りたいと思わせてくれた曲でした」

──「真夏BEAT」でチャレンジしたもう一つの表現は、「男の色気」だった。

「さっきも言ったように自分にはチキンな一面があるので、それをぶち壊してオラオラな畠中 祐を見せたいなと思いました。MVでプールに入って爽やかな笑顔を見せたり、ジャケット写真で流し目をしたりしていますが、普段あんなふうにかっこつけることは皆無なんです。撮影ではプロデューサーやカメラマンさんから、「もっと女性を誘うような目線で」とか「美女が目の前にいるつもりで、誘って誘って!」と何度も言われた挙げ句、「あんた、ナンパの一つもしたことないの?」って言葉まで飛んできました(笑)。実際、ナンパなんて一度もしたことないんですよ。そんな自分が肉食系の艶っぽい男子を演じたのは、一つの表現として面白かったですし、大きな経験になりました」

──話を聞いていると、アーティスト畠中 祐と、普段の自分との間のギャップを楽しんでいるようにも感じる。

「そうですね。ラジオやイベントで見せる等身大の自分も大事にしていきたいんですけど、歌って踊っている時は、違う一面を見せたいと思っています。強く意識しているのは、両者のバランスですね。アーティストとしての自分が100%演技だというのなら、僕がこういうパフォーマンスする必然性はないじゃないですか。自分らしさを保ちながら、アーティストとしてかっこいい姿をお届けしたいと思っています」

──芝居よりも、自分の本音を出せる瞬間があるのがアーティスト活動だと分析する。

「アーティストとしての僕は、役を演じているのではなくあくまで自分自身ですからね。恥ずかしくなるくらいキラキラしていたりかっこつけていたりする部分も含めて、堂々と立っていたいなと思います」

──2枚のシングルでアーティストとしての地盤を固めた畠中 祐。次回はいよいよ、リリースされたばかりの1stアルバム『FIGHTER』の話題に踏み込んでいこう。

インタビュー第3回
「生きる上での戦いをテーマにした『FIGHTER』」は
4月17日(水)掲載予定です。

インタビュー・構成=鈴木隆詩