──「なんてきれいなお姉さんなんだ」と出会った瞬間、はやまる(林鼓子)が思ったというあっちゃん(厚木那奈美)。お嬢様のイメージがある彼女だが、子どもの頃はちょっと違っていたという。

「幼稚園や小学校の頃は、休み時間になれば校庭に遊びに行っていて、今では考えられないくらい活発な子でした。アニメももちろん大好きで、朝からアニメを見て、それから家を出るという毎日を送っていました」

──アニメ『デ・ジ・キャラット』のキャラクター、プチ・キャラット(ぷちこ)が大好きだったというのは、ファンには知られた話だ。

「ぷちこは、アニメを見ていた当時の私と同じくらいの歳なのに、すごくしっかりしている子でした。ぷちこちゃん好き! 私もぷちこちゃんみたいに落ち着いた子になりたい! と思っていたときに、アニメのキャラクターは声優さんが演じているんだよと母から教わって、じゃあ、私も声優になれば、ぷちこになれるんだと思ったのが、声優というお仕事を意識した最初です(笑)」

──小さい頃の憧れから始まって、やがて実際に声優を目指して活動するようになっていく。しかも、歌って踊れる声優が目標となった。

「演技も歌もダンスもやりたいと思ったきっかけは『プリパラ』です。i☆Risさんが主題歌を歌って踊っている姿を見て、最初は普通のアイドルさんかと思っていたんですけど、キャストのみなさんがやっているのを知って、すごい! 私もこういう声優さんを目指したい! と思いました」

──そうして行き当たったのが、「avex×81produce Wake Up, Girls! AUDITION 第3回アニソン・ヴォーカルオーディション」だ。

「すごく緊張して挑みました。でも、途中の審査のときに、ほぼ同い年の女の子でグループ分けされていたことでリラックスできました。一緒に受けた組のみんなとその場で打ち解けて、オーディションが終わってからも、連絡を取り合ったり食事に行ったりするような仲になっていきました。もちろん真剣にオーディションに取り組んでいたんですけど、共通の趣味や夢を持った友人が一気にたくさんできて、いい思い出になりました」

──審査の最終段階まで進み、そこで出会ったのが、はやまるともっちー(森嶋優花)だった。

「最終審査のときは言葉をかわすことはなかったんですけど、私の前に座っていたのがもっちーでした。小さいので年下かと思っていたら、自己紹介を聞いて年上だと分かって、正直驚きました(笑)。その後、最終の最終みたいな形でレッスン審査があり、受かった3人が一人ずつ面接をうけることになったんです。二人と初めて話したのはそのときだったんけど、すでにはやまるともっちーは打ち解けていて、私だけまだ話したことないんだ、どうしよう? ってドキドキしたのを覚えています。でも、その日のうちに仲良くなれて、そこからはみんな協調性のかたまりでした。私はけっこう緊張しいで内向的な性格なので、最初はどうしても敬語になりがちだったんですけど、二人が歩み寄ってきてくれたおかげで、すぐに打ち解けられました」

──Run Girls, Run!として活動することで、自分自身も変わることができたという。

「ランガとして活動する前はめちゃめちゃ内気だった私が、二人の明るさに影響されて、明るくなれているので、本当にすてきなメンバーと巡り会えたなと思っています。はやまるは最年少なのにすごくしっかりしていて、最年長のもっちーも、もちろんしっかり者なんですけど、同時に妹キャラみたいな雰囲気があるのが、おもしろいなあと思って(笑)。メンバーのキャラクターがいい感じにばらけていて、刺激をもらっています」

──あっちゃんにとってのRun Girls, Run!は、得意のダンスを活かせる場でもある。

「声優として声のお仕事をさせていただけるだけでも嬉しいんですけど、いろいろな楽曲を歌わせていただいたり、3歳から習い続けてきたダンスを活かせるのも、ランガという場があるからで、本当にRun Girls, Run!になれてよかったなと思います」

──いろいろな体験をした2018年。特に印象に残っているのは、10月から11月にかけて3都市で開催された1stライブツアー「止まってなんかいられない」だという。

「今まで歌ったことがない曲数にチャレンジしたツアーでした。ライブ当日が近づくにつれてメンバーの絆が強くなっていきましたし、一つのものを協力して作り上げるときの集中力もグッと増していって、自分にとって成長を実感できたライブツアーでした。それからやっぱり、『キラッとプリ☆チャン』との出会いですね」

──最新曲「ダイヤモンドスマイル」を含め、TVアニメ『キラッとプリ☆チャン』の主題歌をすべて歌っているRun Girls, Run! 声優としては、優等生タイプの青葉りんか役を務めている。

「『キラッとプリ☆チャン』のイベントでステージに立つことによって、子どもの頃に『デ・ジ・キャラット』に憧れていた私が、今は子ども達に夢を届けたり、憧れられる側になったんだなって実感できました。声優としての心持ちも、去年1年で大きく変化したように思います。私たちは3人揃ってランガですけど、それぞれがひとりの声優でもあるので、今後は声優としての厚木那奈美を作品を通して知っていただけて、厚木が所属するRun Girls, Run!も好きになっていただけるというのが、私の理想です」

──では、あっちゃんが他の二人に内緒にしていることは?

「メンバーにはどんなこともしゃべっちゃうので、内緒にしていることは特にはないですね……。みんなは何かあったんですか?」

──もっちーは、実は朝が苦手でギリギリまで寝ていたいタイプだと。

「それは知ってます(笑)。ホテルに一緒に泊まった時もそうでしたから」

──はやまるは、お酢が嫌いって言ったけど、実はすごく苦手なほどじゃないと。

「そっかぁ。はやまると一緒に食事するときは、使うお酢の量を抑えていたんです(笑)。本当はもっとドバドバかけたいんですけど、お酢って匂いがきついじゃないですか。私は生のトマトの匂いが苦手なので、それと同じ思いをはやまるにさせちゃいけないと思っていました。じゃあ、これからは遠慮なく使っていいのかな? でも、調味料を使いすぎて味を変えるというのは、お店の人にも申し訳ないことだと思うんですよね。周りの空気を見ながら、お酢をかけていきたいと思います(笑)」

インタビュー第4回
全員編「新曲『ダイヤモンドスマイル』のリリースから、2周年記念ライブへ」は
6月26日(水)掲載予定です。

インタビュー・構成=鈴木隆詩

アニュータではRun Girls, Run!!の楽曲を配信中!
アプリのダウンロードはこちらから!