──ライブを重ねるごとに、少しずつオリジナル曲の数を増やしていったArgonavis。しかしライブをオリジナル曲だけで構成するには、まだ曲数が不足していて、彼らのライブでは、アニメソングを中心に邦楽アーティストのカバー曲が数多く演奏される。 ともにTVアニメのオープニングテーマだった、「メリッサ」や「リライト」、TVアニメのエンディングテーマだった「シュガーソングとビターステップ」、さらには「天体観測」のような有名曲が、Argonavisライブに一体感をもたらしている。

伊藤 「カバー曲はプロデューサーが選んでくれたものですが、僕らにとっても思い入れ深いものが多いですね。僕は音楽をやる上で最初の大事な出会いが中学生のときにあって、そいつと二人でバンドを組もうぜ! となったときに、ポルノグラフィティさんみたいになりたいねって話し合ったんです。その頃に聴いたのが「メリッサ」で、自分にとっては思い出の一曲です。それから姉がBUMPのファンだった影響で、「天体観測」も大好きでした」

日向 「僕は地元の宮崎県日向市でバンド活動をしていたんですけど、ライブハウスがないので、ライブをする場は夏祭りのステージとかなんですよ(笑)。そこで演奏した曲の一つが「天体観測」だったので、Argonavisで演奏することになったとき、不思議な気持ちになりました」

伊藤 「カバー曲は、メンバーで練習を重ねながら、ここはこうしたいね、と話し合って仕上げていってます。」

日向 「思いついたことは何でも言い合える、風通しのいい環境ができあがっています」

──二人にとって、アニメソングとはどういう存在なのだろうか?

日向 「僕の地元はTVが3チャンネルしかなくて、子供の頃、放送されるアニメの数はそんなに多くなかったんです。それでも漫画が大好きだったので、アニメもけっこう見ていて、『ドラゴンボール』『スラムダンク』『るろうに剣心』『幽☆遊☆白書』と、ジャンプアニメが中心ですね。中でも『ドラゴンボール』は大好きで、影山ヒロノブさんの「CHA-LA HEAD CHA-LA」(TVアニメ『ドラゴンボールZ』オープニングテーマ)や、FIELD OF VIEWさんの「dan dan 心魅かれてく」(TVアニメ『ドラゴンボールGT』オープニングテーマ)が心に残っています」

伊藤 「僕も、あまり多くのアニメを観てきたわけではないですが、ずっと音楽をやっていたので、この作品は自分が好きなバンドが主題歌を歌っているなとか、今はこんなバンドが人気があるんだと思ったりしながら、アニメを見ていました。今、Argonavisは、TVアニメ『カードファイト!! ヴァンガード 新右衛門編』のエンディングテーマ「ギフト」を歌わせていただいてますが、キャラクターの感情やストーリーの展開によって、曲の印象って大きく変わるんだなと実感しています」

日向 「アニメを通じて曲を聴くことで、作品と一緒にずっと心に残っていく。そんな魅力がアニメソングにはあると思います。自分の体験としては、『新世紀エヴァンゲリオン』のエンディングテーマ「FLY ME TO THE MOON」がまさにそうで、アニメの主題歌じゃなかったら、ジャズのスタンダードナンバーには触れていなかったと思うんです。アニメの世界観にもぴったり合っていて、何度でも聴きたくなる曲になりました」

──「ギフト」は2019年8月21日にリリースされた、2ndシングルの収録曲。しかし、最新シングルの話にいく前に、まずは、2019年2月20日にリリースされた彼らの記念すべき1stシングル「ゴールライン」について、語ってもらおう。

伊藤 「メンバー全員でスタジオで練習していたときに、1stシングルに収録されるオリジナル曲が決まりましたと言われて、聴かせていただいたのが最初でした。純粋にかっこいい曲で、「えっ、この曲を歌えるの?」とワクワクしました。」デモは、作詞・作曲・編曲を担当された渡辺拓也さんが歌われていたんですけど、すばらしいボーカルで、これを自分のものにしなければと気が引き締まりました。まだ、それから8ヵ月くらいしか経ってないんですよね。いろいろなことがあり過ぎて、随分前のことのように感じます」

日向 「体感的には1年以上前みたいだよね(笑)。1stシングルなのに「ゴールライン」という、意表を突いたタイトルで深く考えさせられつつ、かっこいい曲調にはメンバー全員、テンションが上がっていました。本当に胸に突き刺さる楽曲だったんです。最初に聴かせていただいた日から今日まで、数え切れないくらい聴き返しているんですけど、何度聴いても飽きることがない不思議な魅力があるんですよね」

伊藤 「MV撮影のときも、朝から日付が変わるまでずっと「ゴールライン」を聴いていて、その度にいい曲だなって。こんな曲を1stシングルとしてリリースできたのは、本当に幸せだねと、メンバーで話をしました」

日向 「一つ裏話をさせていただくと、〈Yeah, Yeah, Wow Wow 〉というコーラスに1オクターブ高いパートがあるんですけど、そこは僕が歌わせていただいてます。大切な曲なので、バシッと決めたいと思って挑みました」

伊藤 「僕もメインボーカルとして、気合い満点で臨みました」

──また、1stシングルには「流星雨」、「逢のうた」がカップリング曲として収録されている。

伊藤 「2曲目の「流星雨」は蓮くんと結人くんのツインボーカルが特徴の曲です。ひゅーすけと僕とでアコースティックセットで歌ったりもしていて、5人で演奏するときと二人でやるときでは曲の表情が違ってくるのが面白いです」

日向 「1stシングルの先着購入特典として、「流星雨」のアコースティックバージョンを収録したCDを作らせていただいたので、聴いてくださったファンの方も多いと思います。「逢のうた」も「流星雨」と同じようにポップで優しい曲です」

伊藤 「「逢のうた」はタイトル通り、出逢いの歌です。まだライブで演奏したことがないんですけど、ファンの方からはすごく人気が高くて、お渡し会のときにも「逢のうた」が好きですという声をたくさんいただきました」

日向 「次のライブあたりで、そろそろ、やりたいよね!」

──次回、インタビューはいよいよ佳境。2ndシングル「STARTING OVER/ギフト」の内容や、Argonavis初のアニメーションMVなど、最新の彼らについて、お話をうかがっていきます!

インタビュー・構成=鈴木隆詩

インタビュー第3回
「2ndシングルでは、ロックなArgonavisを披露できました」は
9月18日(水)掲載予定です。

★ Argonavisさんのインタビュー記事はこちら! ★

● 第1回「Argonavisは全員、いい人なんです(笑)」
● 第2回「1stシングル「ゴールライン」は、何度聴いても飽きません!」
● 第3回「2ndシングルでは、ロックなArgonavisを披露できました」
● 第4回「日頃のふとした発言が、自分のキャラと似てきています」

アニュータではArgonavisさんの楽曲を配信中!
アプリのダウンロードはこちらから!